CVT(無段変速機)

運転者としてはAT(オートマチック車)と同じである。
ただATでは自動でミッションが変化するが変則時に軽いショックをともなうという現象があります。
CVTにはベルトと可変径プーリーを組み合わせによりこのショックがなくスムーズな加速感を味わうことが出来る。
構造的には二組のプーリーにベルトを掛けてその幅を変えていくというもの連続的に変則比を変えるためショックが起こらないということになります。