バッテリーの寿命とメンテナンス

自動車を動かすにはいろいろな要素が必要になります。
その一つがエンジンをスタートさせる時にスターターを動かす動力の電気です。
電気はバッテリーというものに蓄積されておりエンジンが始動中はダイナモという装置により充電されます。
バッテリーの寿命は3~4年といわれますが、使用状況によって変わってきます。

いろいろなケースもあると思いますが、使用量が充電を上回った状態で長期間しようすれば当然使用期間が短くなります。
メンテナンスとしては一月に一度はバッテリー液を点検して不足ならば補充します。
特にヘッドランプの使用が多い夜間の運転がもっぱらのドライバーは必須ですね。
エアコンの使用が多い夏が終わった時も必ず点検します。
また電極R(プラス)、L(マイナス)のターミナルがしっかりバッテリーに接続されているかも確認してください。
こうすれば一般的にいわれている使用期間よりも長く使える場合が多く感じます。

エアコン全開で走っていたら急にエンジンがストップなんて事もなきにしもあらずです。
夏はエアコンや電装装置など、かなりの電力を使いますので最寄のスタンドか自動車整備工場なんかでチェックする事をお勧めします。当然、私達の工場へ来ていただければ嬉しい限りです。