AT車(オートマチック車)

今の乗用車ではほとんどがこのミッションシステムになっていると思います。
マニュアル車とは違いクラッチを踏んでギアを入れるという操作は不要です。
システムとしてはトルクコンバータ式オートマチックトランスミッションと呼ばれ、遊星歯車(プラネタリ・ギア)とトルクコンバータを組み合わせてこれを油圧等で制御し自動的にギアを変則していく装置です。
運転中の操作の注意としては駐停車時には確実にDレンジに入れる、完全に止まってからRポジションにいれる等、操作が簡単ではありますが見落としがちな注意が必要です。