ABS(アンチロックブレーキングシステム)

現在は一般的に多くの車には装着してあるブレーキシステムです。
簡単に言えばブレーキを踏んでもタイヤがロックせずに制動時に横滑りを防止して制動時のハンドリングも確保するという役割を果たします。
この装置が一般手的でないころは、よく聞いたことがあると思いますがポンピングブレーキということを自動車教習所等で習ったかたも多いと思います。
制動時に滑り易い路面ではタイヤが一気にブレーキを踏む事により空転してしまいます。
それを防ぐため空転する前に一回ブレーキを緩め、これを何回か繰り返し行い車を停止させるという技術です。
それを自動で行うのがABSというシステムです。
ABS装着車ではこのシステムが作動する時にブレーキペダルに振動が伝わりますが一気にブレーキを踏んでもロックしないため力強くペダルを踏んでください等の説明が自動車整備手帳などに書かれてあると思います。
また凍結路面と乾燥路面が混在する状況では非装着車の方が制動距離は短くなる場合もあるとした結果もあるのでくれぐれも滑り易い路面ではスピードの出しすぎには注意したいものです。