4WDシステム

基本的には4輪全部に駆動力が伝わるということです。

4WD車は又4輪駆動とよばれ荒地などオフロード走行時に力を発揮します。
最近ではオンロード時でも降雨じや降雪など路面の接地条件が悪い状況でその力を十分に発揮させます。
4WDにはそのシステムにより、いくつかの種類があります。

パートタイム4WD

これは私自身も乗っていたことがあります。
通常は2輪駆動で走行して必要な時にレバー等で4輪駆動に切り替えるというシステムです。
センターデフ(前後の内輪差調整システム)を持たないため硬い路面等ではタイトブレーキング現象が起きるため通常走行時は2輪駆動を利用するのが普通であるシステムです。

フルタイム4WD

これは文字通り常に4輪に駆動力を伝えているというシステムです。
センターデフ(前後の内輪差調整システム)により硬い路面でもハンドルを切ったときでもタイトブレーキング現象は起きません。
ただ、一つのタイヤでも空回転をはじめると他のタイヤにも駆動力が伝わらなくなるということが起きてしまいます。
4輪駆動といえどもオフロード走行には適さず降雪や凍結路面などオンロード時の路面悪化時に力を発揮します。
しかしながらスピードの出しすぎや急なステアリング操作ではその力も発揮するどころか危険ですので4WD車といえども路面悪化時は慎重な操作を必要とします。
センターデフ付4WDなどセンターデフを備えた車もあり、これはスイッチでデフロックや解除を行うことが出来ます。

リアルタイム4WD

これもフルタイム4WDと走行的には同じといえます。
前後の内輪差によるタイトブレーキング現象をドライブシャフトにビスカスカップリングを配すことにより通常路面でも安定した使用ができる4輪駆動システムです。

トルクスプリット4WD

電子制御式の状況に応じたトルク配分をおこなうアクティブトルクスプリット4WDとして聞いたことがある方も多いと思います。
通常は2輪駆動走行を行っていながらもその駆動力が小さくなった時に他の2輪にも駆動力を配分するシステムです。
GT-Rやテラノはこのシステムです。テラノにはオールモード4WDという駆動システムがあり、2輪駆動、トルクスプリット4WD、4WDロック、4WDローギヤーモードなどが備えられています。
4WDローギヤーモードに入れる時は停車状態で尚且つ複変則機によるニュートラルの状態が必要である。
また注意としてニュートラル状態では駆動力がタイヤに伝わっていないため停車や駐車時に十分な注意が必要である。

スーパーセレクト4WD

これも4通りの駆動システムが選択でき通常走行から悪路走行までいろいろな場面で活用できる優れた4WDシステムの一つである。
2Hモード、4Hモード、4HLcモード、 4LLcモードなど走行状況により、レバーのチェンジで選択できる。
注意として4LLcモードへの切り替えは停車時にニュートラルの状態で行わなくてはならない。
また副変速機によりニュートラル状態にした時は駆動力が全く伝わっていないので上記のオールモード4WDと共に停車時や駐車時には十分な注意が必要である。