車検とは安全性の確保と環境問題の公害防止

「車検」とは、お客様のお車が「道路運送車輌法」に定められた「保安基準」に適合しているかどうかを「検査」することを言います。
正式には「継続検査」と言い、お車をお持ちの方は定期的に検査を受けることが義務づけられています。

この検査に合格すると、その車は次の検査まで一般公道を走ることが出来ます。
逆を言えば、合格しないとその車で道路を走ることは出来ないわけです。
ただし、これは次の検査までその車が安全であること等を保証するものではなく、いうなれば合否の判定です。

車検には主に2つ目的があります。

①自動車の安全性の確保

その自動車が運転しても安全であること、つまり「道路運送車輌法」に定められた「保安基準」に適合しているかを確認します。

②公害防止

自動車は時間がたてばたつほど、さまざまな部品が古くなり、劣化します。
その自動車が「保安基準」に適合しているか確認することで、劣化等から発生する公害を防止します。