エンジンオイル

エンジン内では、ピストンの上下運動やオイル循環を行うオイルポンプ本体により摩擦が起こっています。

このようなエンジン内で生じる摩擦の軽減を行うことが、エンジンオイルの役割になります。

エンジン内で摩擦が生じると熱が発生し、その熱はとても高温になります。
これにより金属部品が溶解し、エンジン故障の原因になってしまいます。

このような理由から、潤滑剤としてエンジンオイルが必要になります。

  1. 減摩作用 エンジン内の摩擦を軽減させる作用。
  2. 冷却作用 摩擦によって発生した熱を吸収し、極度な温度上昇を軽減させる作用。
  3. 緩衝作用 エンジンオイルの粘度により衝撃を緩和する作用。
  4. 防錆作用 金属部分に油の膜をほどこし、エンジン内を錆から守る作用。
  5. 密封作用 金属同士のわずかな隙間を埋め、エンジン内で混合気を圧縮した際に混合気を漏れなくさせる作用。
    ※混合気・・・エンジン内で、燃料を霧状にして空気を混合したもの。
  6. 清浄作用 エンジン内にあるゴミ類を浮遊させ、オイルフィルターまで運んでくれる作用。