ハザードランプ

ハザードランプは非常点滅表示灯といい、道路運送車輌の保安基準により装備が義務付けられています。
法規的には「夜間、幅員が5.5m以上の道路に駐停車するときは、非常点滅表示灯または尾灯をつけなければならない」となっています。
装着場所ですがハンドルの近辺とうことになりますが、車種によりまちまちで、後方から来る車両に対してのなんらかな合図を送るのがほとんどだと思います。

現実的には職業ドライバーの方達が高速道路等(車の停車が普通あり得ないところ)で渋滞などで前方の交通が停車や急な速度ダウンのの時に後方の車へ追突防止のために使用することや譲ってもらった時のお礼の合図など規則で決まっている訳ではありませんがドライバー同士のコミュニケーションの手段と使われていることが多いみたいです。