警告灯

車両運行上についていえば一般的にブレーキライニング警告灯は車の異常を知らせるとても重要なシステムの一つです。
以下にその種類を掲載します。

  1. 充電警告灯 バッテリーの能力あるいは充電装置の不具合
  2. ラジエーター 水量の不足あるいは凍結
  3. ブレーキオイル オイルの不足等
  4. 半ドアー ドア閉めが不完全
  5. 燃料 燃料がもうすぐ欠乏
  6. シートベルト 安全帯未着装

このように普段は点灯してないのが普通の状態ですが、気温が下がり始める季節になると不具合が生じることが多いようです。
とくに前日に使用して異常は認められないが、夜中に冷え切った状態になり、朝にエンジンがかからない、あるいは通勤途中で異常が発生する事が多いようです。

バッテリーは特に夏が終わった時点でチャックするべきですね。
また、凍結防止剤はきちんと使用しないと氷点下になる季節で何日か車を使わないでおくとラジエーターの水が凍結してしまうので注意が必要です。
他の警告灯もありますが、この項目は常に要チェックという事と考えても自動車ユーザーには当然ということになるでしょう。

事前に対処すれば費用もそんなにかかりません。
後での修理や出張費を考えるとやっぱり日ごろの点検という事は大事な事と言えます。